ランキングが物語るミネラルファンデーションの人気度

レディ

正しいケアで綺麗な肌を

女の人

色素沈着する前にケアを

せっかくニキビが治っても、その後、ニキビ跡に悩まされる人はとても多いです。特に、赤みを帯びたニキビ跡は、とても目立ちやすく、赤みがかっていることから、ニキビがぶり返したと勘違いしてしまう人もいます。しかし、ニキビ跡が赤い状態は、まだ炎症を起こしている段階なので、正しいケアで早期治癒治が可能です。炎症状態が長期間続くと、色素沈着がおき、シミの原因となりますので、早めに対処しましょう。そもそも、ニキビ跡の原因は、肌のバリア機能が低下していることにあります。バリア機能を回復するには、メイクをしっかり落とし、洗顔後、十分な保湿をすることが大切です。また、ニキビ跡専用の化粧水等、様々な効果的なケア用品があるので、自分に合ったものを使用していきましょう。

必要な成分で早期治癒を

ニキビ跡には、赤みタイプ、色素沈着タイプ、クレータータイプ等と、数種類に分類されます。その中でも赤みタイプはニキビ跡の中でも初期段階な為、しっかりケアを行う事で、改善が見込めます。赤みタイプは肌が炎症している状態です。そんな炎症に効果的とされているのが、ビタミンC誘導体、グリチルリシン酸、サリチル酸の三つです。ビタミンC誘導体には過剰な皮脂分泌の抑制と、美白作用があり、グリチルリチン酸は炎症を抑える作用、サリチル酸は、炎症を抑える作用と肌のターンオーバーを助ける働きがあります。ニキビ跡専用化粧水にはこれらの成分が含まれていることが多いですが、ニキビ跡の状態を良く観察して、成分表をチェックしてから選ぶことで、より早く、しっかりした効果が期待できます。